sister
 
10/24 今村昌平監督と俳優・緒方拳さん
数週間前、俳優の緒方拳さんが亡くなられました。
e0146196_17232891.jpg

最近、ある人の勧めで今村昌平監督の映画を観ています。
大好きなおじさんの勧めで日本の監督の作品を観だしたのですが、今村監督の作品をある人に勧められTSUTAYAに借りに行きました。

映画のジャケットから迫るものがありますよ。
DVDのジャケットは載せている画像とは異なりますが、でも…怖いくらいにカッコいい。

『復讐するは我にあり』(1979)
e0146196_1614132.jpg

緒方拳さんの主演、佐木隆三の小説で、実際にあった西口彰事件を元にした作品です。
日本の映画を観るならば、この作品を是非観て頂きたいです。
オープニングからエンディングまで一寸たりとも気を抜けない…。
敬虔なクリスチャンとして育った榎津巌(緒方拳)は詐欺師で女性や老人を殺害した連続殺人鬼。
映画に登場する殺害シーンは、実際に殺人事件が起こった現場で撮影されているらしい。

そして、もう一つ。
今村昌平監督、緒方拳さん主演作品。

『楢山節考』(1983)
e0146196_16141143.jpg

深沢七郎作の小説を原作にした映画で、姨捨山の話をベースに信州の寒村を舞台に描かれています。
姨捨山とは信州にまたがる山。
『村の年寄りは七十になると楢山まいりに行くのが習わし。』
貧しい村では年老いたものは面倒を見切れない…こんな現実があったことすら、想像も出来ないことです。
辰平 (緒方拳)が母・おりんを習わしどおり山にひっそりと捨てに行きます。
母・おりん役を演じた坂本スミ子さんはこの役の為に前歯を4本も抜いたそうです。

作品は非常にシンプルで生きるために必要最低限のことが熱く描かれていました。

今村監督の作品はいつも泥臭くて差し迫るものがあります。
併せて、緒方拳さんが作品をさらにさらに、巨大にしていきます。

こんな作品は絶対に日本人にしか今村監督にしか創れないし、敗戦国から来る劣等感みたいなものが大きな塊となって緒方拳に乗り移り、迫ってくる…。

ああ…、もっといっぱい観たいっ!

YUMI
[PR]
by mysisterroom | 2008-10-24 17:35
<< 10/25 The Fall 10/23 New Item! >>


以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

LINK

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧